草木で染めた手織りの絨毯   GABBEH

今でこそ日本をはじめ世界中で知られているギャッベ。

ギャッベとはペルシャ語で目が粗く毛足の長い絨毯の事を指します。

標高2,000m~3,000m、イラン・ザクロス山脈の南西部山あいを遊牧しているカシュガイ族やルリ族によって織られ、テントの中に幾重にも敷き詰められて使用しています。

厳しい大自然の中、300年近く遊牧生活を営んできた女性達の

幸せを願う気持ちを豊かな感性で織り込んだ絨毯がGABBEHなのです。

 

素材 WOOL100%

その素材は遊牧を共にする羊たちの毛を使います。

昼と夜の温度差が30℃近くもある山岳地帯に生活する為

直毛で脂質が多く、放熱・保温に優れている特徴を持っています。

まさに絨毯にはピッタリな素材です!

 

 

 

 

草木染

ギャッベの基本の色は、赤・緑・黄・青・茶の5色。

その色は彼らの生活圏の中で自生する草や花、樹木を用いて染める

草木染からなっています。