イランの大地に住む遊牧民。
彼女たちが織り成す手織り絨毯ギャッベ。
私たちは、このギャッベを皆様にお届けしています。

ギャッべとは

ギャッベとは
本物の絨毯「ギャッべ」

ギャッベはこんな方におすすめです。

・フローリングの硬さや冷たさを感じる方
・納得のいく一枚のギャッベを探している方
・インテリアにこだわりのある方
・納得のいく敷物を探している方
・納得のいくインテリアにお金と時間を惜しまない方
・住空間に彩りを加えたい方
・一枚の敷物の上で良い夢を見たい方
・絨毯の上で心地よく寝転がりたい方

当社では、イランの絨毯専門会社ゾランヴァリ社から輸出される遊牧民の手織り且つ人の身体に安心安全なことを証明するエコテックスマークの入った、本物の絨毯を販売しています。






エコテックス、安心安全住環境

エコテックスは、人体への有害物質による被害を無くすことを目的に、世界的に統一された認証システムです。
原料から最終製品までのあらゆる繊維製品を対象としています。
このエコテックス認証により「有害物質を含まず、肌でふれても安全」と証明されているのは、数あるギャッベ製品の中で唯一ゾランヴァリ社のギャッベだけです。


イランの絨毯専門店ゾランヴァリ社とは

ゾランヴァリ社
ゾランヴァリとは人の名前から来ています。現在のギャッベブームを築いたのはゴラムレザ・ゾランヴァリ(1933年生まれ)です。

彼は、ギャッベの商品としての価値を高め、カシュガイなどの伝統ある文様を取り入れ世界中に そのファンを広めました。1956年、ゴラムレザ・ゾランヴァリは23歳の若さで絨毯商の父から独立しました。独立したばかりの彼には資金力がなく、買える絨毯はギャッベだけでした。

そんな彼は、カシュガイの遊牧民から156枚のギャッベを購入するのでした。イランで絨毯と言えばペルシャ絨毯だった時代に、この行動は周りから常識外れな行動とみられました。

来る日も来る日も、売れない日が続きます。ギャッベを遊牧民から現金で仕入れていたので、資金は底をついてしまいました。

中々売れないある日、スイスの絨毯商が目を輝かせながら1枚1枚を丹念に見ていました。そして、156枚全てのギャッベを買い上げました。この後、すぐにこの絨毯商はさらに大きな注文をゾランヴァリにしました。
この時を境に、ヨーロッパを中心にギャッベは広がりました。

日本では、1980年代に神戸に本拠地を構える絨毯ギャラリーの大熊克己氏によって紹介されました。それから30有余年、日本でもゾランヴァリ・ギャッベの商品価値は高まり、日本中に広まりました。

私も30年前に初めて出会った時はその名前すら知らなかったのですが、直接イランに行き、遊牧民とギャッペをこの目で見て、ゾランヴァリ氏と会い、話しをすることに始まり、これまで絨毯ギャラリーの大熊氏から購入させていただきました。

ゾランヴァリ社のギャッベは、出会った瞬間に引き込まれる魅力があります。


イランの絨毯専門店ゾランヴァリ社が大切にしていること

ゾランヴァリ社のギャッベは、天然ウール100%。

遊牧民は自分の羊から取れる羊毛のうち、良質な冬毛のみを手紡ぎで糸にします。その糸を植物染料で染め、手で丹念に絨毯を織り上げます。
そして、数ヶ月の織の過程で絨毯に蓄積したほこりを大量の水で洗い流し、自然乾燥させます。
最後にギャッベの厚みが均一になるように表面を刈り込む等の工程を経た後、出荷されます。

こうしたゾランヴァリ社の徹底した品質管理によって生み出された同社のギャッベは、世界中で愛されています。


ギャッベ制作行程

近代化によりギャッベをつくる家庭は年々減少傾向にあります。
この遊牧民の特異まれなる織り技術を後世に残す必要があることからユネスコが無形文化遺産に登録しました。

手織り絨毯のギャッベは、羊を育てることから始まります。
良質な冬毛を刈り、手で紡いで糸にし天然の草木からとれる顔料でじっくりと時間をかけて染色します。
その後、染色した糸を使い数ヶ月かけて手で織り1枚の絨毯が織りあがります。
羊の放牧
羊の放牧

羊毛を手紡ぎ
羊毛を手紡ぎ


紡いだ原毛を染色
紡いだ原毛を染色

染めた原毛の乾燥
染めた原毛の乾燥


手織り作業
手織り作業

手織り作業_2
手織り作業


縦糸を結ぶ
縦糸を結ぶ

縦糸を加工
縦糸を加工


ギャッベの裏を焼く
ギャッベの裏を焼く

水洗い
水洗い


脱水
脱水

天日干し
天日干し


毛の長さを揃える
毛の長さを揃える

最終チェック
最終チェック


ゾランヴァリ浜松おすすめの絨毯を紹介します。
下の画像をクリックすると出てくる数多くの絨毯からお選びください。

↑クリック
ゾランヴァリ浜松
(株式会社インテリアライフ)
〒432-8069
静岡県浜松市西区志都呂2-24-16
TEL:053-448-2216
FAX:053-448-5631

携帯やスマホからアクセス

 Latest Blog Items 


 Our Awesome Clients